照明のショールーム | 工務店さんとの建替え日記

スポンサーリンク

標準装備の照明は「ひとまず明かりがないとまずいよね・・」くらいのものという事がカタログを借りてよくわかった。
蛍光灯は想像できるがダウンライトは一人暮らしやアパートも含め、いままで使った事がなくどの程度明るいのかもよくわからない。

そしてとにかく商品カタログが分厚い。ダウンライトは何を基準に選べばよいかまったくわからない。
照明の配線も配置も提案されたプランが妥当なのかよくわからない。
工務店さんに電気屋さんお勧めや安めに仕入れられる商品リストみたいなのがないか聞いてもないとの事。
とにかくカタログから選定せねばいかんようです。

それでは、と今回もショールームに行って来た。
オーデリックのショールームは荻窪。
親父の実家が阿佐ヶ谷にあるから場所もなんとなく想像ついた。

予約した時間に受付にいくとここでも担当制でお姉さんが相談にのってくれた。
プランを一見してまず
「現行カタログにない型番も何点かありますねー」
との事。
確かにカタログを探してもなかった。
営業サイドで独自に確保している商品だそうです。
これらはショールームではサンプルがないとの事でした。

また明かりの数が妥当かどうかと聞いた所、
「だいぶエコ路線に反したプランですがこれはこれで明るさ的には問題ない」
そうです。

部屋の蛍光灯を除くすべての商品が白熱灯、ミニクリプトン、ハロゲンといった非省エネ照明。
シンプルなプランなので上を見てはキリがないけど特にダウンライトや玄関灯など取付に工事が必要なものは後から変えづらいから今の内に好きなものに交換しておいた方がよいとアドバイスを頂きました。

・・・その「好きなもの」がダウンライトでは特によくわからないから来たのだけど人の好みや予算があるから担当のお姉さんがチョイスはしてくれないみたい。

一通りのお話をした後は館内を一周まわり各照明エリアの説明を受ける。
館内は想像よりひろく、そしてダウンライトがたくさんありました。

いまのおすすめという事でダウンライトは「LED」だらけ。
たしかにディフューザーが光の照らし方もむき出しよりもかっこいい。

でも値段もすごい。
工務店さんのリビング標準品10畳用シーリングよりもお高い事に苦笑い。

でもダウンライトのワット数に対応した光の明るさや光の広がり方、そして自分でなにをチョイスすればよいかもなんとなくわかってきた。

やはり困った時にはショールーム。第3者に話を聞いてもらうことで頭の整理もできます。

工務店さんからは標準プランの定価内で調整をしてくれとの事だった。

この際割り切って後から自分で取り付けられるシーリングはやめ、その他の部分で少しだけエコ化しようと思う。

でもLEDは高いのでポイントだけ。
基本は15~25W程度の蛍光灯タイプの照明に変更。
2階の廊下は夜歩きやすいようにセンサータイプに変更。
前の家でも外玄関の照明はセンサータイプで便利だったので見た目も家の感じに合うよう選んだ。
結局玄関照明が一番高くなった。

リビングと各部屋のシーリングなど数点をぬいた割り切りプラン。
外したところはローゼットをつけてもらって後は自分でなんとかする。

外したシーリングは定価ベースで全体の約7割。外した分を他に回すつもりだけど標準の定価ベースよりも安くなったので工務店さんにも喜ばれるんじゃないかな。

照明が終われば後はもう調べ物もないんじゃない?
まだ基礎が始まったばかりだけど気持ち的にはもうラストスパート。

早く息を抜きたいといった気持ちが正直なところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました